広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士試験のお供に。
tounyuusoupe.jpg

のっけからクノール「豆乳のコーンポタージュ」です。

いとこの”深キョン”が
クノールの研究所に勤めていて
開発にかかわったんですわ。

京都に行った際
その母であるおばから
「8月21日に豆乳スープ新発売やさかい買うてや!!」
と、強力且つピンポイントなプロモーション活動を
展開されたので(口コミですね)、
さっそく買って飲みましたわ。

しっかり豆腐のにおいがしてて
体によさそうなお味でした。
クノールカップスープは
「香料使ってないねん」

以前聞いてたから、
ほんとに豆乳使ってるぞフレ-バーが漂ってます。
大豆より抽出したイソフラボンも加えてあるんだって。
(なんかに効くんだよね)

よく、原材料名にのってる「デキストリン」って
ダイオキシンの友達みたいな、
恐ろしげな名前だな~っと思ってたら、

●デキストリンは、スープを溶けやすくするために使用しており、
 さつまいもなどのでん粉から作られています。
だって。

「デキストリン」なんて物騒な名前つけないで、
「でんぷん物語」
みたいにしたら薬っぽくなかったのにね。
「デキストリン」作ったのは
消費者向けの商売したことない会社なのだろうけど
間接的には消費者の目に触れるのだから
ネーミングって大事だよね。

クノールのホームページ
http://www.knorr.jp/home.html

でも、この商品についてはまだ載ってなかった。
コーンポタージュともひとつの味も有り。(わすれた。ごめん)

アフェリエイト広告じゃないの。
叔母からは子供がお小遣い貰ってたけど。
クノールからは一銭ももろうてまへん。
でも、よろしく。

次は小泉政権残りわずか特集
「一般知識勝手にここがでる!!」いや、でないかもしれないけど。
「政治」
小泉構造改革の大きな柱
「行政改革」今年の動き

 政府は、「簡素で効率的な政府」への道筋を確かなものとするため、更に推進すべき行政改革の重要課題について、現段階で新たに政府として具体的な方針を策定するものを一括して取りまとめ、平成17年(2005年)12月に、「行政改革の重要方針」(以下「重要方針」)を閣議決定した。

 そして、基本的な改革の方針、推進方策等を盛り込んだ「簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律(行政改革推進法。平成18年法律第47号)」が、平成18年通常国会にて成立した。

 この法律は、簡素で効率的な政府を実現するための行政改革について、その基本理念を定め、
①政策金融改革、
②独立行政法人の見直し、
③特別会計改革、
④総人件費改革、
⑤政府の資産・債務改革
などの各重点分野における改革の基本方針、推進方策等を定めるとともに、これを総合的に推進するため、行政改革推進本部を設置すること等が盛り込まれた。

 行政改革推進法等の施行に基づき、行政改革推進本部が、平成18年6月23日に内閣に設置され、その事務を処理するため、同日、行政改革推進本部事務局が設置された(従来の内閣官房行政改革推進事務局が移行)。

行政改革推進本部事務局が担当する行政改革分野
・特殊法人等の改革
・公務員制度の改革
・公益法人の改革

これら鵺のようなものたちをどうしようと
するのでしょうか。
つづきはまた今度。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。