広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持って来ちゃったのよパート2
またやってしまった。
会社に持ってこなくていいものを
わざわざもってきてしまった。

学童保育に持っていくべき
昼寝用タオルケット。である。
夏休みなので、朝から公民館にある
学童保育に預けて来る際に置いてこなければならなかったのに
こんなキティちゃんの柄に
ひらがなで名前の書いてあるビニール袋を
もったまま電車に乗っていたんだ。
私。
かっこいい。

でも、私の水森亜土ちゃん手帳によると
今日は昼寝の日ではないからセーフ。

何で毎日昼寝しないのかわからないけど。
きっとやるネタのない日は昼寝で時間を
つぶすんだろう。
じい・リンダのないこのブログが
一般知識ネタになるように。

さて、問題です。
もって来ちゃったのよパート1
なんだったでしょう?
これはまだ秘密にしていたのだが・・

なんと答えは
「味ポン」です!
しかも500mlくらいの大きい方。

なぜ、そんなものがかばんの中に・・
決して万引きしたんじゃないのよお。
前の日買い物行ったとき、ビニール袋の中が
あまりに重いので、重そうなの分けようと
かばんの方に入れたのが運の付き。

しかし、それを見た社長Sのリアクションは
かなり平然と
「夏でも味ポン使うんですか?」だった。
もっと驚け~!

ちなみに、夏の味ポンの使い道は
with ごま油 で like a 中華風ドレッシングです。
「I」の先輩Oさんに教えていただきましたの。

そのときよりは今日のキティちゃんの方が
ダメージは小さかったかも。
2回目だしね。

で、今日もそういうわけで
やっぱりよくわかると評判の一般知識です

「汝の敵を知れ」第何回?

今日のお題は情報通信の中でも電子政府のお話。その①

そもそも政府がこんなにIT言い出したのはいつなんだろうと
IT年表を探してみた。
それは「総務省」ではなく、
「首相官邸」というHPにあったのである。
(かなり本丸に潜入成功したくの一リンダであった。)
それによると、

H6.8.2  高度情報通信社会推進本部を内閣に設置
H12.7.7  情報通信技術戦略本部を内閣に設置/IT戦略会議を設置
H12.11.27 IT基本戦略を決定
H12.11.29 高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)が成立

ここまできて、平成6年(村山総理)から平成12年(森総理)の間の6年間は空白になってるけど、いったい何をしていたのだろうという疑問がふつふつとわき上がる。森さんとITの不釣合いについては前述したこともあるけど、もうちょっと詳しく調べてみます。

とにもかくにも、平成12年にできたIT基本法案が
今日の電子政府の
おこりです。

だれも読みたくないだろうけど、概要だけだし、せめて目的と定義ぐらいは行政書士受けるかたはご一読を。
で、続きはまた明日ですう。

高度情報通信ネットワーク社会形成基本法
平成12年11月29日
内 閣 官 房

1.目的
 情報通信技術の活用により世界的規模で生じている急激かつ大幅な社会経済構造の変化に適確に対応することの緊要性にかんがみ、高度情報通信ネットワーク社会の形成に関する施策を迅速かつ重点的に推進すること
2.定義
「高度情報通信ネットワーク社会」とは、インターネットその他の高度情報通信ネットワークを通じて自由かつ安全に多様な情報又は知識を世界的規模で入手し、共有し、又は発信することにより、あらゆる分野における創造的かつ活力ある発展が可能となる社会をいう。
3.基本理念
○高度情報通信ネットワーク社会形成の意義
 すべての国民が、高度情報通信ネットワークを容易にかつ主体的に利用する機会を有し、その利用の機会を通じて個々の能力を創造的かつ最大限に発揮することが可能となり、もって情報通信技術の恵沢をあまねく享受できる社会を実現

○基本的視点

経済構造改革の推進(電子商取引の促進、新規事業の創出)
ゆとりと豊かさを実感できる国民生活の実現(低廉・多様な情報サービス)
個性豊かで活力に満ちた地域社会の実現(地域における就業機会の創出、多様な交流機会の増大)
民間主導を原則としつつ、国等が公正な競争の促進等環境整備を行う適切な官民の役割分担
情報通信技術の利用の機会及び活用能力の格差の是正(デバイド対策)
雇用等新たな課題への対応
4.施策の基本方針
高度情報通信ネットワークの拡充、コンテンツの充実、情報活用能力の習得の一体的推進
世界最高水準の高度情報通信ネットワークの形成、公正な競争の促進その他の措置
国民の情報活用能力の向上及び専門的人材の育成
規制改革、知的財産権の適正な保護・利用等を通じた電子商取引の促進
電子政府、電子自治体の推進(行政の簡素化、効率化、透明性の向上)、公共分野の情報化
ネットワークの安全性及び信頼性の確保、個人情報の保護
創造性のある研究開発の推進
国際的な協調及び貢献(国際規格の整備、対LDC協力)
5.重点計画
○基本理念及び施策の基本方針に沿って、政府によって迅速に講ぜられるべき施策を定めた重点計画を策定、インターネット等により公表(高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部の所掌)
原則として各施策の具体的目標及び達成期限を付す
目標の達成状況を適時に調査し、公表
6.高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部
内閣に設置(本部長―内閣総理大臣)
官民の総力を結集(全閣僚及び民間有識者により構成)
7.責務
国及び地方公共団体の責務
国及び地方公共団体の相互連携
8.統計の作成・公表、広報活動
9.附則
平成13年1月6日より施行
施行後3年以内に、施行状況について検討を加え、その結果に基づいて見直し



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
失礼しました
うおおおおおお~、ポン酢かいなああああ~。

…こんなんでいいですか?
2006/07/24 (月) 18:36:43 | URL | S #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。