広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつのまにかこの世界はこんな風に

ほんとに大人になっても知らないことばかり。
カンガルーに惚れる女がいるってことだけでなく。
一般知識問題のネタ集めをしていると、
知らない言葉しりとり状態で、きりがない。

今日もいつものように総務省のメルマガを眺めていると、
【情報通信白書の概要(全5回)】
(第4回 利用者の観点)続きもあるらしい。
 ユビキタスネットワークの進展は、ウィキペディアロングテール現象などに見られるようにWeb2.0による新しい潮流を生み出しています。その特徴としては、ウェブをプラットフォームとした「利用者参加」とオープン志向が挙げられます。また、ブログやSNSなどの消費者発信型メディアが台頭しています。さらに消費購買行動では、情報収集におけるインターネットの活用などによってミスマッチの解消が進み、市場効率性の向上が図られています。(続く)
ですって。
ユビキタスネットワークはこの前調べたからちょっとはわかる。その他想像つく順にで、表現してみました!
Web2.0とは
で、検索すると、驚いたことに
とある兄さんのブログが初っ端にくるんですわ。
まさにこういう感じがWeb2.0
を象徴しているともいえる。
どっかのオフィシャルなサイトではなく、
垣根の低い個人のブログの情報を
さらに書き込んだり、トラックバックしたりしながら
共有し、楽しむ。
そんなイメージのこと。らしいです。
現在のweb1.0が静的なあんまり更新されないサイトのイメージで、
1.5がいつも変化のあるダイナミックなweb。
だそうですが、決して
アプリケーションソフトのバージョンアップとかとは
違う概念です。
よけいわかんね~!

で、プラットフォームは電車にのるとこでも、業務センターがあるところでもなく、
ロングテール現象はカンガルーに惚れると尻尾が生えてくることではないし、
ウィキペディアは新手の健康食品ではありません!(柿の葉茶)
ちなみにこういうのを、「消極説」による定義づけといいます!
行政法で書いてあった。
(ちがうって!!)
続きもあるのよ!


で、「汝の敵を知れ」というか
もうひとつ総務省からのお知らせです。
いつの間にか総務省の広報担当リンダになってるし。
もしかして私公務員?しかも国家一種?
試験受けてないけど、コネとか裏口とか。
どっちかって言うと清掃員に扮して
勝手に潜入したポニーテールの「くのいち」。
(由美かおるよかぴゅんぴゅん丸のさゆりちゃんが好き)

びっくりしたことに
モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果によると
モバイルビジネス市場は7,224億円(2005年)と
前年比2,028億円(39%)の増加 。
なんだと!
物流コストほぼ「0」の素敵な商売。
「I」もこういうのやればあのリンダ号も無用の長物なのに。

「うちの子の携帯の料金も上がるわけだ。」
と思った全国のお母さん。違うんです。
モバイルコンテンツ市場は3,150億円(前年比21%増)。で、
確かに「着うた系」、「モバイルゲーム」の拡大続く。のだが
「着信メロディ系」はやや縮小(さすがに飽きたか)。なのだ。

それよりすごいのが。
モバイルコマース 市場は4,074億円(前年比57%増)。
しかも
「トランザクション系」=証券取引、オークション、公営競技は、
昨年より倍増。「物販系」、「サービス系」もそれぞれ拡大続く。
多分おやじたちもネットを利用しだしたか、
ヤングなやつらが株とか競馬競艇競輪といったおやじアイテムを
ネットでやってるのよね。きっと。

結局、イノベーションってそういうことで
広がっていくのだ。

人間なんてららららららら~ら~
そして私は文字を細くすることに成功したのだった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。