広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男を見る眼とICT
え~毎度ばかばかしいお話をひとつ。
世の中には男を見る眼がないとか申しますが、
まあ、たで食う虫も好き好きとも言いますし、
人のことは知ったこっちゃないってことで
よろしいとは思います。
しかし
これだけは意見したい。というか笑った。
先日久しぶりにあったワニの販売員たま子
好きな男のタイプが
カンガルーの「ハッチ」みたいな顔
と、平然とぬかしおった。
(ここクリックして笑わなかったあなたは
人間ではなくカンガルー派?マジに惚れるなよ)
許容範囲が広いとかそういう問題ではない
と断じて言いたい。

服を売るよりもお客様にまで
「毒素を出す温泉」とか
「岩盤浴」とか
「柿の葉茶ダイエット」を
勧めるときの方が饒舌なたま子
柿の葉茶はフロア中の人に勧めまくり
地下食のナチュラルハウスの柿の葉茶
売り切れにさせた女

当然「だめんず」である。

お口直しにお勉強でゴー!
「汝の敵を知れ」
「u-Japan政策」その2

よ~くみると、u-Japanの理念という
ところの左のすみっこに本当に
4U=For You
と書いてあった。
同じセンスか・・・ちょっとショック。

uのまえのe-Japanのほうは
「2005年までに世界最先端のIT国家となる」
という目標だったのだが、それはインフラ的には達成。
したらしい。
携帯やインターネットの料金がそういやうんと
やすくなったり、通信速度が速くなったということ。
携帯つながらない地域があったのも
今は昔って感じだもんね。

そういえばITITいってた森総理の息子は
ITベンチャーの経営者なんだよね。
おやじが国あげて推進してるんじゃ
ちっともベンチャーじゃないって?

ともかくそのころは
ITっていってたけど
今はICT=Information and Communication Technology
(これ適当に書いたら全部スペル間違えた)
っていうんだって。コミュニケーションが入った。
で、その技術をつかって、2006年以降の色んな問題を
解決すべく2010年を目標にビジョンを立てたのが
u-Japan政策なのだ。
まだそれでもわからないよね。
又明日続きやります。
2010年の先は何ジャパンなんだろうね。
v-Japan?
x-Japan?はちょっと趣味じゃないし。
それに4UよりU2が良かった。
「WAR」のジャケットの男の子
かわいかった。
もう大人になっただろうなあ。
今日も勉強になったよね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。