広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見なきゃ損。行政書士試験概要発表。
いよいよですなあ。
発表になりました。
「2006年度行政書士試験」の概要が。
11月12日(日)13時から16時
 (下の子見ててくれる人募集中!)

もめていた商法会社法に改正されたところは出ません。
 (当たり前だのクラッカー!ってまだ手つけてません!)

法令部分でなんと「40字程度で記述するもの」
が出るそうです。
40字ってあーた。
原稿用紙2行分だよ。
何を聞くつもり?
「私の名前はリンダ・リンコです。いつもふざ
 けたやろーだっていわれてます。よろしく。」
これで読点含めて40字。
自己紹介しかできないじゃん。

自己紹介=自分の定義。
もしかして、「定義」とか出るのちゃう?
でも社長S曰く
定義は学者のオリジナルなもの・・
とすると、
総務省的には、メイド・イン・パブリックオーガニゼーション
(文法めちゃくちゃ)
なものがいいわけで・・
するってえと、公務員であるところの裁判官がきめた
「判例」で定義されたもの?
でも、もしかすると。。。
条文「趣旨」とか?
まあいいや。
どっちにしても
今から勉強するんだし。

しかし、なんか緊張してきた。
ほんとにこの試験受けるの?私。

そして、もし来年この会社が別の教材作ったなら
また、そのまだなんだかわからない試験(多分法律系)
受けるの?

それから、再来年は・・・
永遠に勉強させられんのかいって!
スタディング・フォーエバー?
また文法違うかも。

とにかくわかっていることは、
今年は社運をかけて試験に臨むってことじゃ。
じぃの幻覚がでてきた~

今日で憲法ラストです。
ファイナル・アンサ~?



じぃとリンダの今日の憲法」第11回

憲法96条「憲法改正」

この憲法の改正は、各議院総議員3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

なんだか憲法改正したくてしかたがないおじいさんたちがいるじゃない。なんだかびくびくしちゃうよね。今変えようってのは。


【問題】
 憲法改正の審議につき、憲法その他の法律に特別の規定はないが、憲法96条第1項の趣旨からして法律案などよりも慎重さが要請される。ただし、衆議院の優越は、法律案の場合と同様のものが認められている。(地上S62)
さあ、いつものように○か×かで答えてね(下の○か×をクリックしてください)。
そうかも
20060614155955.gif

ちがうでしょ
20060614155943.gif

あしたはどっちだ!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。