広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じぃリンダ復活
今日は事務所の窓ガラス拭きで、
窓の外を人が空中でぶらぶらしています。
なぜか隣のビルも同じ日なんだよね。

ここんとこ諸般の事情で「じぃリンダUP」できず、
自分の力を試したくてうずうずしていた皆様。
もうしわけありませんでした。
原稿を書くだけでなく、
htmlのなかに落として、
「完パケで納品」すると
社長Sに豪語してしまったのに、
その他もろもろのお仕事
ex.
 行政書士合格集中講座をやってくれている人々に
今回配信した「民法」がちゃんとパソコン上で勉強できるか
チェックする。
 一般知識で出そうな「旬のキーワード」をさがす。
などに優先順位を譲ってしまってました。

皆様のお昼休みのひと時に間に合うかな~

久々の「じぃりんだ」やってみてね!
昨日コメントしてくださった、
新しいお友達もやってみてね。

それからじぃリンダ民法もやるので、
みんなが取り上げて欲しいテーマがあったら
教えてください。
つまり、

を買ったり売ったり借りるときとか、
「I」のみんなが物を売るときに困ったことがあって、
これって法律的にどうよ
って疑問なんかがあったりするよね。
そういうことを相談してみてください。
 
「じぃとリンダの今日の憲法第9回」

憲法76条「司法権の独立」

① すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。
② 特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。
③ すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される

いろいろいってますが、問題は3項の部分に関係あり。

【過去問・地上H3】

裁判官が良心に従うというのは、裁判官が有形無形の外部の圧力や誘惑に屈しないで、自己内心の良識と道徳観に従うという意味であり、裁判官が有効な法の範囲内で自ら正しいと信じるところに従って裁判すれば、良心に従った裁判といえる。

なんとも判断付かないよ~って人は、赤い字がヒントだよ!

素直に
20060614155955.gif

ひっかけかも
20060614155943.gif

あしたはどっちだ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。