広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリアランスと法的三段論法
先ほど昼食に出て、喫茶店で久しぶりに
たばこの煙にいぶされてきた。
そこしか席がなかったのである。
広告代理店時代の自分以外全員喫煙者の
会議室を思い出した。

近頃は吸える場所が少ないせいか、
吸える場所ではみんな必死に吸っているようだ。
今のうちにニコチン吸収するぞ~って
勢いを感じる。
燻らす(くゆらす)くらいでないと
おいしくないだろうに。

でもってもっと気の毒なことに
7月から値上げだって。

国を挙げて中毒者作っといて値上げかよ。
国を挙げてと申したのはですなあ。
先の大戦のとき、徴兵されると煙草の配給がありまして、
(恩賜の煙草=天皇からのプレゼント、とか言っちゃって)
吸う習慣がなかったうちのおじいちゃんなんかも、
おなかすいてるし、もらったもんだし、もったいないから
吸ってるうちに中毒になっちゃた。
で、戦後も男の大人はみんな吸うようになり、
悪ぶってる子供も吸うようになり
抵抗なくなってきて女も吸うってわけです。

近頃吸う人減ってはいるようだけど、
値上げされてもそうそう本数減らせるもんじゃないから
嗜好品なんでしょ。

でも、7月は値上げではなく
値下げの季節なのよ!
全国の百貨店はじめ流通業界では。



7月1月の値下げは
業界的にはクリアランスといい、
ただのバーゲンとはちがうんですよ~。
昨日まで定価(プロパー)で売ってたものを
今日は20%OFFとかで売るわけです。
どうやって値札付け替えるんだろうね~。
と、お客様がちょっとでも思ってくれたなら、
苦労も報われると思いますが、
普通そんなことは誰も気にしません。
むしろ怒られちゃったりする。
「何だよー昨日買っちゃたよー。」
「すみませーん。詐欺みたいですよねー。」
なんてごまかしたことはある。
「毎日来るなんて暇だね」とか
「お客さん人生はゲームなんです」または
「私的自治です」
とは言わなかった。

しかし、ほんとに大変ですよ値札の切替は。

ここで「I」にお勤めのみなさんに
法的三段論法を使った、
お認め混乱しない方法。
お認めとは上司からもらうハンコのことです。

大前提
返品の場合伝票にマネージャーのお認めがいる。
小前提
切替は商品を物理的にはメーカーに返すことなく
 定価で返品し、値下げした価格で納品する作業であるので
 返品に含まれる。
当てはめ
切替の伝票にはマネージャーのお認めがいる。
(アシスタントセールスマネージャーのものではだめ。) 

新入社員の子はこうやって覚えようね~
法律始めたばっかりの子も三段論法わかんなくなったら、
「I」のバイトで切替体験学習してみよう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。