広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりだね 行政機関
服破れ事件にまたまた変更が。
休日でも、夜でもいいからとアポをとって置きながら
「やっぱり、保険会社の人間が行きますから」
ときた。
それで、服を預けるんだって。

別にあなたに来てもらいたいわけではないけれど、
そんな話は一切無かったのに。というと、
「じゃあ、私が行きます」???

そもそも、服を先に買わなくて
良かったんですねと聞くと、
「そうですね。」と来た。
 
どっちでもいいけど、
話をころころ変えてることは
ちっとも気にしてない。
そして、挙句の果てには、
最初に話をした公園の管理所長さんが
どういったか知らないけど。と、
人のせいにする。
自分もその筋で話してたくせに。

この不愉快な感じって…
話せば話すほど離れていく気持~
もう、私達少し距離をおいた方がいいんじゃない?

あ~、ますます行政書士試験合格から
離れて行く。
そんな気がする。
中学の体育祭を見終わった後の
だるいひと時。

うちの子達
オレンジ組優勝はめでたいけど、
気になったのは、
青組の応援団旗。
白ででかでかと
「相思相愛」と書いた
そのこころは?
わからない。中学生の気持も。

そういえば、うちの子の友達と
「付き合っている」
テニス部の男子。
「夏休み部活に専念したいから少し距離を置きたい」
と、かっこつけて彼女に言ったらしい。
(部活に専念できないような付き合いかたしてたのか~!)
2学期になっても距離おかれたままの彼女に代わり、
「はっきりせんかい」
と、わが娘がおせっかいを焼いたところ、
はっきり「別れよう」と言われちゃったんだって。
あ~余計な事を…

今日の勉強は
公園管理会社もそうなんだけど
公益法人ってなに?です。
一般知識勝手にここが出る。
「政治」

公益法人ってなんだ

公益法人は、国が中心になって作る特殊法人とは違い、
基本的にはだれでも作ることができます。
ですので、
数が非常に多く把握もむずかしく、
特殊法人よりも問題は複雑。

公益法人の根拠となっているのが民法の第34条です。
その設立には、

①公益に関する事業を行うこと
②営利を目的としないこと、
③主務官庁の許可を得ることが必要です。

 ①の「公益に関する事業を行うこと」とは、
積極的に不特定多数の者の利益を実現することを目的として
事業を行うことという意味です。
 平成8年9月20日に閣議決定された
「公益法人の設立許可及び指導監督基準」では、
いわゆる同窓会・同好会、互助会、後援会等は、
公益法人として適当でない、とされています。
こういうのいっぱいあるんだよね。

 ②の「営利を目的としない」とは、
利益をあげてはいけないという意味ではなく、
役職員、会員、寄付者等公益法人関係者に利益を分配したり、
財産を還元することを主たる目的とする事業を行わない、
ということです。

 ③の「主務官庁の許可を得ること」とは、
設立に当たって、その法人の目的に関連する事務を所掌
している官庁(大臣または都道府県知事)の許可を得る必要がある、
ということです。

 民法には、公益法人に関して次の事項が規定されています。

① 公益法人の設立
② 法人の組織
③ 定款の変更
④ 法人の登記
⑤ 法人の能力
⑥ 法人の解散等

公益法人は特殊法人ほど国などからの補助金を受け取って
いるわけではないが、行政と結びついて、
大きな「特権」を持つものも多く存在します。

・法令で指定された特定の事業の独占。
・国家資格の試験の実施を独占。
など。

このことによって民間企業は事業に参入できず、
独占された事業は非効率なまま放置され、
国民は高い利用料や受験料、さらには税金による
補助金などを負担することになってしまいます。

これらの公益法人に官僚ら多くの公務員が
天下って報酬を得ています。
ちなみに国会議員も、その半数以上がこうした
公益法人の理事に名を連ねています。
予算(補助金)や法律(事業指定)などに大きな
影響力を持つ国会議員の多くが公益法人とつなが
っていることも、問題ありです。

このような問題点をただすため、政府も
行政改革の一貫として公益法人の改革に取り組み、
「公益法人制度改革関連法案」が公布されました。
施行は平成20年とされています。

公益法人には法人税免除(収益事業には課税されますが
通常の法人税よりは優遇)など、数々の税制上の優遇が
みとめられていることも問題でした。
そこで、平成17年6月17日、政府税制調査会が
「新たな非営利法人に関する課税及び寄附金税制
についての基本的考え方」
を発表しました。

公益法人協会という財団法人もある!!
公益法人情報公開共同サイトだって。
入れ子状態!
マトリョーシカか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。