広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなどれず行政機関
昨日の
公園アスレチック釘露出うちの子怪我するわ
服破れるわ事件の続きです

やっぱり、服の穴の開き具合とか
いくらくらいのものかなど、
わざわざ見に来るそうです。

補助機関(行政庁その他の行政機関の職務の補助ex.各省の職員)が!!

夜でも、休日でもいいんだって。

「やっぱりどうみても
500円以内にしてください」って
いわれたらどうしよう。
セールもおわっちゃって
いまさら500円で売ってるところあるのか。
それに半そで買うのもいやだなあ。

お公家さんみたいな人が来てくれたらいいのに。
自分で財布持ったことないような…
相場知らなくて、
「1万円くらいですかねえ」とか…

たとえ国Ⅰ君(国家一種のエリート官僚ね)でもないよね。
しかも、旦那の友人の国Ⅰ君は
月の個人的可処分所得(妻帯者です)1万5千円也!
みんなで飲みにいって1ヶ月分を1日で
使い果たしてしまったときに発覚した。

激務しかも公僕とか言われて、
なのに給料は安いんだよね。
天下りもしたくなるわけだ。
いけない、いけない。
またついうっかり…

今日の勉強の話題につなげるための
ただのフリです。

「一般知識勝手にここが出る!!」
いまさらなんだけど、なんとなく気になるところで…

政治「特殊法人と独立行政法人の違い」

特殊法人とは
通常、民間企業が規制や採算などの関係で実施することが不可能か、
不可能に近いような事業を実施することを目的として設立される。

形態
公社、公団、事業団、特殊銀行、公庫、金庫、特殊会社など。
一般に「特殊法人」と呼ぶ場合、公団や事業団などを指す場合が多い。

特徴
・法人税や固定資産税などの納税が免除。
・国の財政投融資(郵便貯金や簡易保険、年金保険料などからの貸し出し。)による資金調達が可能。
・事業計画には国の承認が必要。
・不採算事業からの撤退等が簡単にはできない。

批判
いわゆる天下り先として利用されている。
業務効率が悪い。

対策
特殊法人等改革基本法
(同法附則第二項の規定により2006年3月31日を以て失効)に基づき、
特殊法人の事業については廃止、整理縮小又は合理化、他の実施主体への移管などの措置(同法5条2項1号)をとる。
特殊法人の組織形態そのものについても廃止、民営化、独立行政法人への移行などの措置をとることも視野に入れた検討が行われた。

独立行政法人とは
政府の事業を分離・独立させて効率的に運営するための法人。

特殊法人との相違点
・資金調達に国の保証が得られない(民間企業と同じ)。
・法人所得税や固定資産税など公租公課の納税義務が生じる。
・主務官庁から毎年支給される運営費交付金の使い道は独立行政法人の裁量に 任されており、組織改編などの自由度も高まっている。
・財務諸表の作成を義務付けられ、外部からも業績評価を受ける。

独立行政法人化した組織
2001年4月 国立博物館、大学入試センターなど57法人が発足
2003年   財務省の造幣局、印刷局
2004年4月 国立病院
2007年4月 住宅金融公庫(予定)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。