広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年賀状投函
結構前から段取りしてたのに
いつものように投函するのは
晦日になってしまう、年賀状。
大晦日でないだけましさ。

次女の溶連菌はおさまったものの、
今度は私が喉痛く、
午前中で今年最後の病院になんとか間に合い、
結構薬が効いてなんとかなってますが、

年末の大掃除アンドおせち作りの戦意喪失。
親にも風邪引いた旨伝えたところ、
「年末無理しないように」とのメールあり
これでサボりのお墨付きももらったことと
させてもらう。

きょうも、電球取替えたし。
あしたも普通の掃除でいいや。
普通に煮物と、かまぼこ切ったのを
重箱に詰めとこ。(嫁入り道具よすまん)
一点豪華主義で、膾に次女の好きな
「いくら」をトッピングすることにした。

後は明日の晩御飯に年越しそばを食べる。
夜更かしはいかんからね。

サトーココノカドーで
「いまから1尾350円が200円」と目の前で言われ、
いやおうなしに買ってしまった有頭えびを
一点豪華主義その2で、てんぷらにして
具にしてみます。

あんまり張り切ると家族の働きぶりに
いらいらしてくるからね。
ほどほどに、
ことしの大晦日を迎えてみます。

スポンサーサイト
今年のクリスマス
今年はいつになく早めにツリーも飾り
(ブログのツリーも気づいていただけましたでしょうか)
階段の手すりにチカチカするランプもつけ、
ドアには次女の作ったリースをぶら下げ
とっても気合の入ったクリスマスの予定だった。
22日夜に次女が発熱するまでは。

いつもの扁桃腺の熱だと思い、休日診療に行かずに
いたら、なかなか熱が下がらず、昨日やっと病院で
「溶連菌感染症」であることが発覚。
やけにアトピーも悪化してると思ったら
溶連菌症状の発疹だった。
舌もしっかりイチゴ状の粒粒が出てるし
今まで何回か子供が溶連菌にかかっているのに
何たる失態。
早く病院に連れて行けばよかった…

言い訳するなら、23日も24日も
熱の割りに元気で、食欲もいつもよりあったくらい。
もしかするとクリスマスだから興奮していたのかも。
鳥の丸焼きとか、実はオーブンに入れちゃうだけなんだけど、
なんとなく見栄えのする食べ物もあるし。

ケーキを作る母を見て、
「いつもと違って真剣な顔だね」と感想を述べつつ
自分も真剣に手伝ってくれた。

でもケーキは上に載ってるイチゴしか食べず、
残りはおねえちゃんの胃の中に。
(そんなに食べていいのか~。)

スポンジも生クリームも作っている途中のを
なめるのが一番おいしいらしい。
通だ。

25日の朝はちゃんと枕元にプレゼントがあって
ほっとしていた。(早寝のいい子でないから)

押入れに張ってあったサンタ宛への手紙には
「おしゃれグッズか小屋がほしいです」
とあるが、やっぱり予想通り、小屋は却下されていた。

お姉ちゃんにプレゼントがきてなかったのを
気の毒がっていたけれど、pc買ったときに
当たったipodがそれなのさ。
秋葉原サンタさんありがとう。
(バックパックにチノパンにチェックの地味シャツ
着てそうなサンタ。体型相似。)

それにおねえちゃんは妹が病気で寝ているのに
妹がもらったハート柄ポーチをちゃっかり
忍ばせて友達と映画に行ってしまいましたとさ。
(まだ気付いていないのであった)
同情無用よ。
2学期が終りました
先日の個人面談で、
長女の成績が落ちていることは
もうわかっているのだが、
今日は終了式。
「通信簿」をもらう日だ。

長女にはお小言ばっかり。そして
本人にとっては楽しいばっかりの
2学期だった。

先生にも面談でとっちめられ、まあ
いいカンフル剤になったとは思う。

まず生活面でがっちり鍛え直しちゃろうと考えている。
先生には「しつけは家でしっかりやります。
(公言しないとめげるから言ってみた)
不束者の娘ですが、勉強のことはよろしくお願いします。」
とお願いしておいた。

本当に中学生ともなると親の醍醐味を
たっぷり味わっている。
力量を試されているともいえる。
子供にも、先生にも。

小学校1年生の次女の通信簿は
いい事ばかりじゃなくても
なんかほのぼのしてて癒される。
たぶん本人たちが毎日力いっぱい
生きているから可愛いんだろうな。

まあ中学生が斜に構えるのは仕方ないけど。
でも
「○○(妹の名前)も中学になったらおかあさんのこと
うざいな~と思うようになるよ。
妹だから私よりもっと反抗期は早くて激しいね!」
とか吹き込まないで!!




感動でははく興奮だった
何かというと、松坂選手が言った言葉が
「感動」ではなく「興奮」だったことを
深くお詫び申し上げます。

野球ばっかの人生で結婚出産のほうが
「興奮」しちゃったわけですよ。

ごもっとも。ごもっとも。

ところでうちの子たちもよく興奮して大騒ぎする。
先日、お友達のお宅に伺ったときも、
新しくてきれいなオウチだと大騒ぎ。
「チョー豪華!」
家具調度品&飾り物に「かわいい!」連発。
下の子なんか最近うちは置くのをやめた
トイレのスリッパなんて履いたもんだから、
履いたまま出てきた。
お願いだからべたべたの手でそこら中
触りまくらないでくれ~と念じるも
効果なし。
 
そして、当然「それに引き換えうちは…」
と来るわけで、
「散らかっている、物が多い、騒がしい。」
全部君たちのせいだと母は思うのだが。

だって、上の子が生まれる前は
「生活感がない家」といわれてたんだぞ!ぷんぷん!

気を取り直して、もうすぐ年末ということで、
この週末は大掃除を始めた。

なんて、いらないものに囲まれて生きているんだろう。
人間ってやつは。
必要以上に物を造ったり、買ったり。
「猛烈に増殖したい!」と遺伝子に
組み込まれてるに違いない。

ところで
昨日は娘のトゥシューズを買いに、
下北沢の「アビニヨン」へ。
一度そこのを履いてみたくて初めて行ってみました。
ビルの狭い鉄階段を登っていくとなんと裏口!
「右手の階段を下りて、先の階段を登ってください」
とある。狐につままれたように指示に従い、
登りなおすと、店舗というより倉庫。
でも、運良く「名物おじさん」がいらして、
フィッティングやら、立ち方のアドバイスも
丁寧にしてくれて、良かった。

「パンコントマテ」のうどんのように太い
パスタを食べ、ここでもうちの子たちは
「おいしい!」連発の興奮気味で、
「お店では小さい声でしゃべりましょう。」
(外だから良い親ぶって静かに言ってみた!)
と教育的指導をすることとなった。
パスタは味しっかり濃い目。
で、チーズケーキもおいしかったよん。

いろいろ用事でへとへとになる、
いつものような週末でした。
行政書士になるのは夢か
「夢という言葉は好きではない。」
今朝のニュースで松坂大輔選手が言っていた言葉。
なるほど、童顔ながらも含蓄がある。

夢という言葉は見てるだけで実現しないイメージらしい。
今までの彼の成功からして、大リーグに入ることも
夢じゃなくて「目標」たることは当然。

いままでも、夢といわれるようなことを
実現してきた人間だから真実味がある。

それからびっくりなのは
レッドソックスに入団できた感動は
結婚や子供の出産のより劣るというのだ。

これも、よく考えればそうなのかもなと思う。
結婚や出産は人生において「目標」ではない。
「努力」してどうにかなるものでもない。
好きな人と結婚したくてものすごい努力したって
「ストーカー」扱いされるのがオチではないっすか?
お見合いしまくるとか、出会い系サイトとか
それも能動的な行為ではあるけど、
他人を自分と結婚する気にさせる(惚れさせる?)
という「努力」のしどころとしては直接的ではない気がする。

子供だって体質でどうしても恵まれない人もいるし。
本来、「努力」して産むものではないはず。
(国は産め産めいってるけど)
人工受精を試みるも失敗が続き、
あきらめたとたん妊娠した友達もいる。
プレッシャーがなくなったのが良かったらしい。
自然の不思議じゃ。

まさにこれらのことは「縁」とか「運」
とかに左右される要素が大きい。
人為の及ばないものがかなえられた時の感動は
「努力」して得るものと質が違う。

松坂選手はそこら辺を感じて、
いい人と結婚できたことや子供に恵まれたことは
自分の「努力」ではどうにもならないところで
「運が良かったなあ」と、非常に
「感動」したんじゃないかと察する。

だから人が「縁結び」や「子宝」の願掛けをするのは
なんとなくわかる。
そんなことくらいしかやりようがないから。

しかしだ、
「学業成就」で祈願するのは筋違いといえる。
神社に行ってる暇があれば勉強すればいい。
「学業」
モチベーション正しい方法があれば
ほとんどの人が達成できる可能性がある。

「夢」ではなくて「目標」だから。

つまり、初詣で行政書士試験に合格の祈願するより
ベリースの教材買いましょう
ってお話でした。
ちゃんちゃん。
ホームページ微調整
この間から知恵熱出すくらい
HTML君と格闘していた。
そんな大げさな話じゃない程度の修正なんだけど
根本的にわかってないことは
すご~く時間がかかる。

やっとこ、どうにかなりました。
あわてて帰って、一晩「Not found」
ページにぶち当たってしまった方すみません。

そのせいだかわからないけど
このところよく寝つきが悪かった。
よく夢もみた。
近くの広い駐車場が沼で、そこで「ワニ」に
襲われた。
なんで「ワニ」?
HTML君の
<<<<>>>>こういうマークが
歯にみえたかね。

そして左足だけふくらはぎが謎の筋肉痛。
沼を必死で泳いだからかも。
 




今後の予定
風だったのか知恵熱だったのか不明のまま
復活できましたことをご報告申し上げます。

しかし12月は何でこんなに忙しいの?
毎週末なんかある。
スワンなクリスマスは終ったとして、
下の子のヤマハのクリスマス会
(1曲発表するので練習の必要あり)
下の子の子ども会のクリスマス会
お友達とクリスマス会
家族とクリスマス会

信心もないのに5回もやるってどうよ。
まあクリスマスにかこつけて忘年会なんだろうね。
しかしこの6日後にはお正月も控えてるし、
年賀状も書かなきゃいけないし、
大掃除はどうすればいいの?
去年までは「I」で31日まで仕事だったから
やらない言い訳があったけど…
今年も換気扇は無視させていただきます(宣言)

そもそもクリスマスの行事は
むかーしむかーし、ドイツで冬至のお祭りと
キリスト生誕日がミックスされて
行われるようになったのだ。

当然もののない時代だから質素なもので、
早く春が来ないかなーって気分のお祭り。

ドアにかざるリースは永遠を意味していて、
もみやヒイラギを使うのは常緑樹の生命力に
あやかりたいってこと。(リンダ豆知識だよ!)

冬を越すことが命がけだったころの話なのさ。
プレゼントなんてとんでもねえ~ってわけ。

サンタクロースのビジュアルイメージは
コカ・コーラの広告が作ったってのは、もはや有名だけど。
(今年はそれを言いたそうなCF作ってるよね)

クリスマスもアメリカ経由で日本に輸入されちゃったから、
かなり、マテリアルなものになってしまったんでしょうね。
まあ、20年ほど前までは、もらったりあげたり楽しみだったし
マジで雪降らないかな~なんてかわいく考えてたかも。

ちなみにクリスマスの話で一番切ないのは
やっぱり「賢者のクリスマス」が私の中ではダントツ。
子供心には「もったいない。打ち合わせすればいいのにい。」
って思ったもんだけど。
今は「せめて食べ物買えばよかったのに」と考える
人生でエンゲル係数最高値の2児の母である。
風邪をひきました。
メルマガ最新号配信しました。
  ↓  ↓  ↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000204635/
実は風邪をひき、昨日今日と事務所を休んでます。
つまりこの原稿もメルマガも自宅より配信です。
便利な世の中です。

おととい中2の長女が胃が痛い&熱があるといって
学校を休んだ。
枕もとにポカリスエットとか寝たまま飲めそうな
きむ拓がCMやってたゼリーみたいのを置き、
冷蔵庫にヨーグルトとかプリンとか杏仁豆腐とか
とりあえず病人でも食べられそうなものを突っ込み、
せめて「親の気持」とおかゆもつくって仕事に遅れて行った。

その時点でなんとな~く自分も胸やけがしないでもなかった。
でも、取り急ぎ事務所にむかってお昼も食べ、
起きたら電話しろといったのに連絡くれない娘に
電話し、案の定起きてるのに連絡忘れてて、
あれこれ食べ物の指示を出し、
(おかゆに言及するのを忘れ、後に残飯となった「親の気持」)
3時前、「やっぱりおかしい。顔熱いし体寒い。」
と言うわけで早退した。

なんとかすぐ食べられるものを買い込んで、
学童にいつもより早く迎えに行く。

いつも最後から3番目と決まっていて、
学童の指導員の成果の賜物で「シーン」
とした中、机に向かって本やらマンガやらを
おとなし~く読まされて、いかにも「待っている」
ところを迎えに行くのでちょっと切ない感じなのだが、
さすがにこの時間だとまだたくさん子供がいて
賑わっている。

「あら、お母さん顔色悪いわね。」
(さすがに細かいところに気の付く指導員さん)
「はい、悪寒がするので早退してきました。」

家に帰ると長女は若いだけあって結構回復。
置いて行ったものは「親の気持のおかゆ」以外
食べつくされていた。しかも
「おかん悪寒がするからもうかえる」とせっかく
ギャグもからませたメールは見ていなかった。
なんで親からのメールには気が付かないかね。

そうはいっても長女に何やかんや押し付けて
とにかく布団に入った。
次の日の午後2時半くらいまで寝ていたのだが、
誰も私の枕もとにポカリスエットやら
ゼリーやらヨーグルトやらは置いていって
はくださらないので、治りは今一つな感じだが、
父子3人で協力してなんとか家を出て行ったのだから
やれやれである。

なんかここ3日ほど自分で自分を慰めてばかりいる気がする…
リンク先が増えました
福岡の行政書士花田好久さんの
行政書士試験圧勝ブログ

です。

いろんな予備校や通信教育の情報を提供してらっしゃいます。
フリーター支援なんかも積極的にやってらっしゃるみたいです。

若い行政書士の方々のがんばりが最近よく目に付きます。
当社アドバイザーの大江ありすさんもしかり。

ヤングな皆さんに
今までの行政書士のイメージを払拭していただいて、
目指す人が増えてくれると当社も安泰ってわけです。

昨日洗濯機の不調をよく調べると、
排水ができないからのエラー番号だった。

排水口の掃除グッズ(業務用みたいなワイヤーの本格的なやつ)
2000円ほどで購入し、セルフで挑戦した。

なぜ水道屋さんに頼まないかというと
①水道屋さんのに頼んだら3000円以上する。
②件所の水道屋さんの孫娘に中2の娘が昨年
 「うちの彼氏の悪口言ったんだって?」
 と因縁をつけられ、そのでまかせを言った子を
 含めてもめた。(娘はその彼と面識なし!)
 
 言ったというのは誤りですべて携帯メールでの
 やり取りです。はい。
 
 当人たちはもう気にしてないけど、どうしても
 仕事を依頼する気にはなれん。
 というわけです。

洗濯機のホースを引っこ抜き、
ワイヤーの先端のばねのようなごみ引っ掛け部分を
排水溝に突っ込んでみるも挿入不可。
しばらくゴリゴリやって引っかかってきたものは
「アメリカンピン」いわゆるヘアピンです。
その後は出るわ出るわ20本くらい。
最後の方は錆びて細くなっていた。

これはバレリーナ娘のお団子作成のために
日々使っているもの。(Uピンはあんまり使わん。)
帰りに頭が突っ張るからと髪をほどき、
ポケットにヘアピンをつっこんだまま
洗濯籠に「ぽいっ」である。

こっちも毎日のばたばた生活のなか
ポケット内確認せず、ティッシュ洗濯歴は
多々あるけれど、ヘアピンは洗濯層の底には
しょっちゅう残っていたけど、
こんなに流れていたとは…

全部取り除くのに結構時間かかり、
下の子お風呂にいれるのがとっても遅くなってしまった。
(お風呂1階にあり、リビングのある2階から遠いので
心細くて1人で入れない怖がりな下の子であった。)

毎日毎日いろんなことが起こります。

でも、男の子でないせいか、
ポケットに入ってた
は洗ったことはありません。

ラッキーとしておきましょう。



あっちもこっちも
終わったと思ったスワンの会主催
クリスマス会であったが、
思わぬ事後処理があった。

その1 忘れ物を届ける。
その2 来なかった人に用意していたプレゼントを渡す。

渡すプレゼントには会長からのカードが
あったほうがいいですねと会計のOさん
に言われたものの、結局文面だけメールし
印刷はOさんに依頼してしまった。

ビコーズ、プリンターの調子が悪い。

この分では年賀状印刷は危ぶまれる。
芋版にしとこうか。
ちなみに宛名は筆ペン派です。
へただけど。

そして携帯も扱いがわるいからか、
ヒンジ部分のぐらつき及びもっと致命的に
充電がすぐ切れるつまりバッテリーの劣化
が起きている。
この機会に持たない派になる?
でも、最近公衆電話少ないし、
子供から受ける時とかには必要だし…

ついでにいうと洗濯機も脱水が止まることがある。
入れすぎて回転軸がぶれるのかも。
洗濯板と金だらい派には…無理!

あっちもこっちもがたがたでんな~。
体じゃないから良しとしときますか。
スワンなクリスマス会
金曜日にメルマガ新しいの配信しています。
   ↓    ↓    ↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000204635/

かねてからの懸案事項であったバレエのクリスマス会が終わった。
スワンの会会長としては当然仕切るわけである。

先生に今年の発表会の演目であるところの
「白鳥の湖」についてのレクチャーを
ビデオを見つつやってもらえませんかと
無理なお願いをしていた。

小さい子は15秒もしないうちに飽きるからなあと
言いつつも、今小さい子を教えている先生の
高校生時代に踊った黒鳥シーンや
プロのコールドやらDVDとビデオを
ぱっぱと操りつつうまくまとめていただいた。

中学生達にゲームの進行を仕切らせ、
バレエ名曲早当てクイズや
(これはほとんど高学年の子に取られちゃったけど)
エレガントじゃんけん列車など、
それなりに小さい子も「たのしかった~」と
言ってくれてよかった。
ずっと立ちっぱなしの叫びっぱなしで
疲労困憊。

3月の発表会はもっともっと
スタッフの人々やらプロのゲストダンサーに
気を使わねばならないし、今から心配。

先生はよくも毎年こんな面倒な発表会なんて物を
やるよな~。
こういうのが好きだから仕事にしてるんだろうけどさ。

確かにたかが子供の発表会でも、フィナーレは
ホッとするのと今年も終わったなあと
とっても感動するんですよ。
感動する音楽につくってるし。
チャイコフスキーさんなんてのは。

しばらくまた焦っている夢みちゃうんだな。
自分は出ないのに。

copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。