広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編
年賀状でカミングアウトさせていただいた皆様へ。広報リンダ、当社教材「行政書士合格集中講座」の威力を実証すべく、弱冠?2にして行政書士試験に挑戦いたしました。その顛末は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うまい蕎麦屋in神保町情報
昨日お弁当箱を社に忘れたのをいいことに
家族のは作ったものの自分だけ昼外食(ずる~)

今日はK女子、明治大学の「リバティ・アカデミー
のガイダンスに行ってることだし。
きっと昇給間違いなしってことで気が大きくなってつい…

そう、当社教材が明大のやってる公開講座
リバティ・アカデミー」の
資格実務講座の1つに採用されたんすよ。ヤッホー。
ホームページにもスクールカラーのバナーが
張ってあることにお気付きでしょうか。

明大生以外も受けられます。
リバティー・タワーに上ってみたいとか、
(本当はビルです。今そういうのが建ってるんですよ。)
興味がある方はどうぞこちらでご受講ください。
5月からです。

そんなこんなで「蕎麦」を手繰りにいきました。
卓球のできるファミマのそばの「吉風庵」
器からはみ出しそうな「かき揚蕎麦」もいいけど
鳥インフルエンザも上陸したことだし、
「鳥南蛮」にしてみた。
とにかく、すご~くつゆにカツオだしが効いている。
カウンター隣に座ったおじさんは「おつゆ完飲」
わたしも試みたがさすがに挫折。
でも、そんな気にさせる味。
ものすごく分厚い削り節を
太っ腹でどっさり使わないと
あんなだしがとれないはず。

普通に750円。
でも箸は蕎麦屋によくある共同割り箸入れ
(パタンとしまるガラス蓋付き)
に入っているし(箸袋なしのエコロジー)
お絞りも紙ナプキンもちりレンゲさえなし。
出してくれる「蕎麦茶」の器も心持ち小さい。
器を持ち上げて汁を飲んだところが、
ちょうどひび割れてたし…
きっとそんなところは節約ね。

十割そばとか韃靼そばとか「こだわり麺」もあり。
こんど食べてみよっと。



スポンサーサイト
うまい洋食屋情報。フロム下北沢再び。
先日、またまた下北にトゥシューズ買いに行かされました。
「アヴィニヨン」のソールが途中で切れてるタイプ
すごーく履きやすいんだけど、いかんせんそこが
皮だけだから「グユョッ」としてしまい、
履きまくりようの「バレリーナ」のレガート、
本番近いとき用の「アヴィニヨン」と、使い分け作戦に
するとのこと。
「もういいからお年玉使って!」と
吐き捨てる娘。
トゥーシューズの中では高いほうではないけど
1足5~6千円するものが、年末買ったばかりで
もうだめになるとは…

しかし、愛想は悪いけど、しょっちゅうセールやってる
バレリーナが20%OFFだったので
調子に乗って(いや空腹に負けて)
下北で1人ランチしました~。

この前ダンナに「洋食屋では一番うまい!」
と紹介されたがなんとなく名前で却下してしまった、
洋食屋「マック」。
なぜか「サラダの店マック」とも書いてある。
30年ほど前のサラダブーム時代に付け加えたか。
古い雑居ビルを地下に降り、ドアを開けると
カウンター+4人がけが3セットほどの小ささ。
唯一空いていたカウンターのRの部分に腰掛ける。
斜め前の「アンゼリカ」でパン買っちゃったもので
荷物が多く、戸棚に荷物を預かってもらった。

正直、サラリーマン風のおっちゃんばっかり。

メニューは
ハンバーグ又は焼いた豚とか鶏とか揚げ物のコンビネーションランチ
が8パターンほどもあるが、無理せず、
ハンバーグオンリーのランチを注文。

しかし、ハンバーグのほかに
・目玉焼き
・千切りキャベツ
・くし切りトマト
・きゅうり
・素スパゲティ
と、添え物も充実。
当然
・ライス
・味噌汁(とき卵と若布の具沢山)
もついてなんと650円なり!

いつもは嫌いな添え物の素スパも「いける」味。
見たとたん戦意喪失するくらいのボリュームだったが
完食してしまった。
胸焼けもなし。
80歳くらいの老夫婦来店の理由がわかる。

感心したのは、カウンター越しにみた料理人のおじさん
(タンタンヘア、和正・小田風)
手際よくハンバーグやらポークステーキやら
目玉焼きを焼きつつも、
時間が空くとすかさず、
ガス台の周りをスポンジで磨いている。
レンジフードも、この手の店にしては珍しくピカピカ。
古く黄ばんではいるけど、店全体がそんなに油っぽくない。
「料理上手の台所は汚い」の常識を覆す店だった。

2人いるその他のスタッフも「バイト」ではなさそうな
絶対「30代後半」顔。
カウンターの拭き方はいまいちだったけどね。

それから、「マック」の由来は「ドナルド」ではなく
「スティーブ・マックイーン」であった。
「Thank You」と添えてあるハリウッドの何たらスクエアの
「手形」の写真やあちこちにはってあるピンナップで判明。
ますます、男前な店だ。

今年も「エレガントおば」から縁遠くなること必須か…

文末になりましたが
当社協力行政書士大江ありすさんのセミナーがあります
詳しくはこちらへ
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞご愛読のほど
よろしゅうおねがいいたします。

なんと、特筆すべきは
昨年末な~んもテレビを見ずに
寝てしまいました。
その割りに元旦は寝坊しましたが…


それから、新年の5分前にメルマガ発行してます。
読んでいただけましたでしょうか?

12時ぴったりで回線混乱とかやだなと思って
5分前にしてみたんですわ。

信心もないのに元日は手動でないと
ドアが開かない相模線に乗り、
(ユーミンも「天気雨」で歌ってるあの相模線ね)
初詣に繰り出しました。
と、いうのも、お目当ては
あるテキヤのおじさんの作る「綿菓子」

500円も出して綿菓子買うなんてありえん私だったが、
昨年、甘い物好きの子供たちが買った
綿菓子が一味違っていたのだ。

①キメが細かい。
②時間がたってもしぼまない。

買いに行った子供たち曰く、
ぶら下がってる袋を触ると
「触るんじゃない!」と怒ってた
怖いおじさんらしい。

今年はこの目で確かめたくて、
子供たちの記憶を頼りに探し当てた。

白いシェフっぽい割烹着?を着た、
むしろ小柄なおじいさん。

すし屋に通ずる緊張感を持ちつつ
行列に加わる。
「新しく大きいの作ります」と、
意外にもパソコンで出力した上パウチっこされた札が
脇のビニールにはってある。

前にぶら下がってるキャラクターの袋に入った
見本は「売らない」主義らしい。

期待にたがわずその袋に触った子がいた。
「落ちるから触んないで!」
子供たちの印象より言い方はソフトだったが、
かなり「神経質」と見受けられた。

自治会のお祭りなんかで素人が
レンタルした機械で作るのとの違いは、
道具の性能もあるだろうが、
とにかく、無駄にくるくる巻かない。
ざらめを真ん中の所に流し込み、
(結構白いざら目だった)
綿が思いっきりふわふわ出るのを待ち、
一気に割り箸で刈り取って袋に入れる。

その作業を2回繰り返し、慣れた手つきで
綿を手でちょんと切り、
ちょっといただけないけど、
息を「ふっ」と吹き込み、
輪ゴム3つも使って無造作に割り箸に
巻きつける。

ただそれだけのことだけど
とにかく動きに無駄がない。

そして
「キティちゃん」と
「りらっくま」の違いを「わかっている」のが
妙に不釣合いだ。

私はあんまり好きではないのだが、
「じゃがバター」でも名店があって、
やっぱりシェフ割烹着4人組でやってるところのが
おいしいと評判で、行列できている。
「今年はあきらめるか~」とつぶやく声も聞こえた。

テキヤワールドの奥深さを知った新年でした。



年賀状投函
結構前から段取りしてたのに
いつものように投函するのは
晦日になってしまう、年賀状。
大晦日でないだけましさ。

次女の溶連菌はおさまったものの、
今度は私が喉痛く、
午前中で今年最後の病院になんとか間に合い、
結構薬が効いてなんとかなってますが、

年末の大掃除アンドおせち作りの戦意喪失。
親にも風邪引いた旨伝えたところ、
「年末無理しないように」とのメールあり
これでサボりのお墨付きももらったことと
させてもらう。

きょうも、電球取替えたし。
あしたも普通の掃除でいいや。
普通に煮物と、かまぼこ切ったのを
重箱に詰めとこ。(嫁入り道具よすまん)
一点豪華主義で、膾に次女の好きな
「いくら」をトッピングすることにした。

後は明日の晩御飯に年越しそばを食べる。
夜更かしはいかんからね。

サトーココノカドーで
「いまから1尾350円が200円」と目の前で言われ、
いやおうなしに買ってしまった有頭えびを
一点豪華主義その2で、てんぷらにして
具にしてみます。

あんまり張り切ると家族の働きぶりに
いらいらしてくるからね。
ほどほどに、
ことしの大晦日を迎えてみます。

感動でははく興奮だった
何かというと、松坂選手が言った言葉が
「感動」ではなく「興奮」だったことを
深くお詫び申し上げます。

野球ばっかの人生で結婚出産のほうが
「興奮」しちゃったわけですよ。

ごもっとも。ごもっとも。

ところでうちの子たちもよく興奮して大騒ぎする。
先日、お友達のお宅に伺ったときも、
新しくてきれいなオウチだと大騒ぎ。
「チョー豪華!」
家具調度品&飾り物に「かわいい!」連発。
下の子なんか最近うちは置くのをやめた
トイレのスリッパなんて履いたもんだから、
履いたまま出てきた。
お願いだからべたべたの手でそこら中
触りまくらないでくれ~と念じるも
効果なし。
 
そして、当然「それに引き換えうちは…」
と来るわけで、
「散らかっている、物が多い、騒がしい。」
全部君たちのせいだと母は思うのだが。

だって、上の子が生まれる前は
「生活感がない家」といわれてたんだぞ!ぷんぷん!

気を取り直して、もうすぐ年末ということで、
この週末は大掃除を始めた。

なんて、いらないものに囲まれて生きているんだろう。
人間ってやつは。
必要以上に物を造ったり、買ったり。
「猛烈に増殖したい!」と遺伝子に
組み込まれてるに違いない。

ところで
昨日は娘のトゥシューズを買いに、
下北沢の「アビニヨン」へ。
一度そこのを履いてみたくて初めて行ってみました。
ビルの狭い鉄階段を登っていくとなんと裏口!
「右手の階段を下りて、先の階段を登ってください」
とある。狐につままれたように指示に従い、
登りなおすと、店舗というより倉庫。
でも、運良く「名物おじさん」がいらして、
フィッティングやら、立ち方のアドバイスも
丁寧にしてくれて、良かった。

「パンコントマテ」のうどんのように太い
パスタを食べ、ここでもうちの子たちは
「おいしい!」連発の興奮気味で、
「お店では小さい声でしゃべりましょう。」
(外だから良い親ぶって静かに言ってみた!)
と教育的指導をすることとなった。
パスタは味しっかり濃い目。
で、チーズケーキもおいしかったよん。

いろいろ用事でへとへとになる、
いつものような週末でした。
copyright © 2005 広報リンダの神保町日記ー行政書士試験編 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。